妻の不倫相手は同僚だった


妻の不倫相手は同僚だった

会社の飲み会に参加してきたんですが、同年代の同僚が最近SNSを初めて人妻のセフレが出来たと不倫関係をしていることを公然と自慢していました。

男ってこういう秘密を守らなければならない浮気などの話を安心してぶっちゃっけトークし、武勇伝としてドヤ顔をするから馬鹿ないきものですよね。

女を何回イカせただの、こんなセックスをしたことがあるだの、いつまでも子供というか、可愛いものです。

今回の同僚の話も最初は、まだそんなことを自慢気に話して喜ぶおこちゃまなヤツだなと思っていたんですが、話を聞いていく内に驚きました。

人妻セフレは妻だった

人妻セフレは妻だった

スペックは年齢は41歳で小柄でちょっとお腹に肉が目立つけれど、巨乳ちゃんでFカップはあるという人妻らしいです。

酔いも回ってきた状態だったし、あまりに退屈な話が続くので、同僚に色々とツッコミを入れつつ、ただの作り話であることを証明してやろうと思っていました。

証拠を出せよというと、セックス前に撮影した下着姿の写真があるというので見せてもらいました。

どこかで見たことのあるブルーの下着。

顔を恥ずかしそうに手で隠しているものの、どこかで見たようなヘアスタイルです。

そうです。妻にそっくりなんです。

違う写真はというと拒否されてコレだけということでした。

名前やメールアドレスなどを確認すると、妻のものと一致してしまいました。

一気にそれまでのいい気分が興ざめし、背中に冷たい汗が流れるのがわかりました。

エロ動画を見せつけてやった

どんどん問い詰めていくと、写真は拒否られたけれど、相手がプレイに耽っている最中にこっそり撮影したムービーならあるぞと見せてくれます。

同僚とは行っても公式な場に妻を連れて行ったことはありませんし、家族ぐるみの付き合いなどもしていませんから、同僚は自分の妻であることは全く知らない状態でした。

バックで突かれ絶叫する妻。

アナルに浣腸を差し込まれ、それをトイレで出し終わり、戻ってきてからはアナルセックス。

アナルならともかく膣内にも発射しているシーンもありましたし、ごっくんさせているシーンもありました。

ベッドサイドにバレないように隠し置いているとはいえ、顔は妻であることがはっきり分かる映像です。

所々で手に取って撮影していたりして、中出し直後などは股間の部分から滴る精液をアップで隠し撮りしていたのでバレなかったのでしょう。

後日妻を呼びつけ、面白い動画があると見せつけてやりました。

当然に離婚しました。