早漏の友人と妻の浮気


先日友人を呼んで自宅で飲み会をした時の話です。

その友人とは高校時代からの腐れ縁で、二人で旅行先でナンパをして3Pや乱交などをしたこともありましたし、お互いのペニスサイズも知ってる仲なんです。

そんな妻がこの友人と不倫というか浮気というかをした時の話をします。

とにかくスケベな友人

結婚までは、友人を絶対に嫁に合わせる気にはなれませんでした。

とにかくエロのことしか頭にない男だからです。

紹介でもしようものなら、一戦交えたいと思うのは当然だと思いましたし、口を開けばナンパ行こうか、風俗行こうぜですからね。

結婚をして、月日が流れ、こちらも浮気相手がいたし、別に寝取られてもこいつならいいかなと思ってしまい、今回自宅に呼び宅飲みをしたわけです。

寝ている僕の横で

アルコールが弱いというわけではありませんが、とにかく飲むピッチが早く、すぐに酔いが回ると眠くなってしまう僕です。

そのことを分かっているのかいないのか、いつもは止める友人もどんどんと勧めてきました。

案の定ばったりとリビングのソファで横になってノックアウトしちゃったんです。

深い眠りから冷めると、妻の喘ぎ声が聞こえてきて目が覚めました。

予想通り、アルコールも入り、我慢出来なくなった友人が妻を襲っている模様です。

一瞬カッと来て飛び起きようと思いましたが、興奮の方が勝ってしまいました。

薄目を開け、寝たふりをしていることも知らずに、友人と妻は下半身だけ裸になり、ピストンしまくりです。

でもこいつが早漏だということは、僕は十分に知っています。

案の定5分と持たずに口の中にフィニッシュ。

中出ししないところはこいつの唯一の自制心でしょうか。

やりまくる友人と妻

やりまくる友人と妻

発射したのが早く、妻が満足出来なかったのかごっくん次いでのお掃除フェラで気持よくしてとおねだりしています。

すぐに復活する絶倫の友人。

今度はキッチンの方へと移動して、立ちバックの状態でピストンしています。

ちょっと脅かしてやれと、「ううーん」と息苦しいような声を出してみると、パンパンといっていた音が止み、パタパタと足音が近づいてきて、妻の声で「大丈夫、寝言みたい」と言っていました。

するとしばらくしてまたパンパンというピストン音が聞こえてきます。

また5分ほどで「イキそう」という声と共にピストン音が止みました。

本当に早いなこいつと笑いを堪えるのが必死でしたが、そこは我慢です。

後日、気持よかったの?と妻に聞いてみると、かなり気まずそうにしていましたが、たまに違う男を味わうのも悪くないでしょう。